車同士の人身事故

車同士の事故は軽い事故から大きな事故まで頻繁に起こっているというのが現代の状況となっており、いつ自分の身に起こってもおかしくないのです。
そのため、毎日注意して車を運転する必要があるのですが、車同士の事故で多いのは物損事故となっており、軽くぶつけてしまったやこすってしまった等、車を修理すれば終了すると思われがちです。
しかし、車同士であっても相手が体の不調を訴えて、それが今回の交通事故が原因と判断されると人身事故になりかねないのです。

例とえ車同士で時速15kmぐらいの徐行でぶつかったとしても、それで中に乗っている人が不調を訴えれば、人身事故につながる可能性があるのです。
交通事故を起こしたら警察官が実況見分を行うのですが、この時に怪我人が出たということであれば人身事故として処理をされて、処罰がかかってくる事故になります。
そのため車同士の事故でも相手の怪我の状態をしっかり確認して、何か不調を申し出ているのであればすぐにでも救急車を手配する必要があります。

車同士だと中の人は怪我をしないだろうと考えがちですが、車体の大きさもありますが、スピードも徐行並みのスピードが出ているのであれば相手に怪我をさせてしまう可能性があります。
車同士の事故を起こした時に注意して欲しい点として、怪我の状態と過失割合という点で紹介しますので、こちらを参考に日頃から交通事故防止に努めて頂けますと幸いです。
日頃から心かげる事でもしもの交通事故の時に備える事が可能です。



▼外部サイト
交通事故に遭った被害者の慰謝料や賠償金請求について相談を受けています ・・・ 交通事故

Copyright © 2014 車同士の人身事故の場合 All Rights Reserved.